近年、早漏に関する定義が決定されました。一つでも当てはまると早漏の疑いがあります。

早漏を改善して楽しく過ごす
  1. TOP
  2. >
  3. 早漏の定義

早漏の定義

早漏

早漏は単体として、あるいはED(勃起不全)の合併症として起こる症状になり、明確な判断基準が設けられていなかった為に判断は専門家でも意見が分かれるものでした。ですが2008年にガイドラインが発表された事で個人でも判断が可能となり、三つの定義からそのどれか一つにでも該当した際には発症していると診断する事が出来ます。定義は後述の様になり、膣への挿入前後を問わず、

「性的な接触あるいは刺激により一分以内の射精」

「本人の意志により射精感を操作出来ず、訪れた射精感に耐える事が出来ない」

「一定の時間、挿入を継続させる事が出来ない事で相手を満たす事が出来ない事を苦痛あるいはストレスに感じる」

となり、最後の定義は早漏を悪化させる事にも繋がり、早い段階での改善を必要とします。その際は例え医師であろうが、ペニスを他人に見せる事に抵抗感を持つ男性も多くいます。しかし自然での治癒は非常に稀な事であり、原因によりけりですが心の問題である際には直接的な治療法が存在しない為、長期に渡る治療を必要とする事もあります。

早漏改善

早漏改善とは、基本は薬剤を用いた薬物療法となります。大きく分けると外用薬と内服薬に二分する事ができ、使い分けの基準として外用薬は皮膚過敏を原因とする際に用います。リドカインという局所麻酔薬を陰茎に塗布あるいは噴霧する事で一時的に神経を内服薬は神経物質の均衡の乱れ、あるいは崩れによる際とされ、前者は鈍化させる事が出来るので一定の刺激に耐える事ができ、射精感を遅滞させる事が可能になります。

内服薬にはプリリジーを用いる事で神経物質のバランスを保つ事で自律神経である交換神経の優位性を下げる効果により射精感の減退を行う事が出来ます。有効成分のダポキセチンが、脳の興奮を抑制するためコントロールをしやすくなるのです。通常の3~4倍の射精時間が得られ、継続することによりさらに延びるとも言われています。

そしてスーパーカマグラという早漏の症状とEDを同時に治療出来る薬が近年登場しました。冒頭にも記載した合併症を起こしている際にはこの1錠だけで二つの症状の改善が期待出来るため、服用にかかる負担軽減や低価格での治療を模索している方には実に有効な方法と言えるでしょう。

スーパーカマグラを購入
ダポキセチンで早漏改善
早漏に関する知識・対策
早漏を予防する医薬品
管理人の体験記

Copyright (C) 2016 早漏を改善して楽しく過ごす All Rights Reserved.